酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酔うことの段階的恐怖について(断酒2年159日目)

f:id:anomiyakun:20150821085923j:plain

 アルコールの人体への作用機序については、色んな書籍やサイトで詳しく解説されている。

 

 ほんのり気持ちが良くなる「ほろ酔い(微酔)期」から放っておけば死に至る「昏睡期」まで、飲む量によって、間に「酩酊期」「泥酔期」を挟んで、徐々に移り変わってゆく。

 

 どこからどこまでが「ほろ酔い」で、どうなったら次の「酩酊」なのか、きっちりとしたデジタルな判断基準があるわけではないが、大体の酔っ払った感じで区分けできる。血中濃度を測れば、より詳細なデータが取れるだろうが、飲みながらアルコール血中濃度を測っている人はいないだろうネ。

 

 

 例えば、こんな飲酒目標を立てて、ちゃんと実行出来る人は、酒で悩むこともないだろう。

 

 《昨日はほろ酔いで終わらせたけど、明日は休みだし今晩は酩酊まで飲もうかな。でも、泥酔の手前でやめよう》

 

 私だって、目標だけは何度も立てた。但し、達成したことがないだけだ(笑)

 

f:id:anomiyakun:20150821085939j:plain

 コントロール出来る人は、自分の足で階段を昇り、そこからの眺めをちゃんと自分の目で見て判断している。あー、そろそろほろ酔いから次の段階へ移りそうだ、もうやめておこう、みたいな感じだろう。

 

 一方、アンコントローラブルな私みたいな人は、エスカレーターやエレベーターに乗ってしまったようなもの。切れ目なく上昇して行く。着いた先は、泥酔期から、下手すると昏睡期の一歩手前あたり。そのエスカレータ若しくはエレベーターは、飲み始めたら速度を増して上昇して行く。

 

 人が酒に酔う、とは、正常な状態から、酔った状態へ遷移すること。その酔った状態にも段階があり、ほろ酔い期で満足してそこでストップできるかどうかが、飲酒生活継続の分かれ道であること。この辺り、飲んでいるうちは分からない事である。

 

 今の私は、酔いのどの段階であろうと恐怖を感ずる。自分が自分でなくなることの恐怖。酒にコントロールされてしまう恐怖。飲酒欲求はほとんど無くて、この酔うことへの恐怖は、日増しに強くなっている。

 

 ほろ酔いが、酩酊、泥酔、昏睡への入り口であることを知っているから。そのスタートラインに決して立ってはならぬことを知っているから。

 

 

f:id:anomiyakun:20150604201906g:plain

 

Happy!《読者通信》に、メール便が届きました!

readers.hatenablog.com

 

readers.hatenablog.com

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》