読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒を飲んで寒くなる(断酒3年242日目)

 ここのところ、冷え込みが一段と厳しくなって来た。北海道では、11月上旬としては記録的な大雪で、報道で見たけれど、既に真冬の景色だ。

 

 私の住むところも、つい先日まで夏日があったのがウソのように、一気に冬将軍がやってきたようだ。連日、寒い。

 

 寒い日に思い出すのは、つい数年前まで飲んでいた酒だ。日本酒なら熱燗、焼酎ならお湯割り。先ずは、熱い液体が冷えた身体に染み渡り、その次にアルコールが回ってきてポカポカして来るのだった。

 

 基本的には、酒の血行促進効果で、身体は温まるのだが、ただ、いつもそうなるとは限らず、時に飲めば飲むほど寒くなり震えるときもあった。私だけでなく、元飲んだくれの方は経験されていることだろう。

 

 飲んでも温まらず寒くなる。このことについては、飲んだくれ時代、調子が悪いからだろう程度にしか考えなかった。今日改めて調べてみたら、この現象はかなりアブナイことだと分かり、今更ながら肝を冷やしている。

 

 大量に飲んだ時、アルコールによって血管が収縮し、血行不良となり、更に脱水症状を起こしたような場合、ブルブルと寒くなるのだそうだ。このような場合、私は、顔が赤くなるのではなくて、青白くなっていた。

 

 そこまでしても、毎晩飲みたかったのだ。今、思い出しただけで、寒くなり、青くなった。

 

 季節的には寒くなるけれど、酒などの力を借りず、運動して熱くなっても良いし、家族の愛で温まるのも良いし、自分だけのオリジナルなホットな飲み物で温まるのも良い。

 

 酒を飲んで温まるのは、適度の量に限るわけで、大量に飲む人は、温まった積りが、実は冷えて寒くなっているのだ。懐も寒くなるし、家族の視線も寒いし、私たちは、酒を飲むと寒くなる。

 

 だから、やっぱり、断酒で熱くなろう!

 

 ----*----*----*----*----*----*

 

 コメント頂いたチョコボさん。

 来年度断酒マラソン参加希望第1号ですね!

 メンバーリストに載せる簡単なプロフィールを教えて下さい。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》