酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲酒は加速する(断酒4年158日目)

 放っておくと、飲酒は加速する。

 

 坂道をどこまでも、スピードを上げながら転がり落ちて行くその様は、かつての自分であった。

 

f:id:anomiyakun:20170819220142j:plain

 それは丸で、一度天辺から動き出したら、下りしかないジェットコースターのようなものだろう。周り(家族)は悲鳴を上げているのに、アル中本人は気付かず楽しんでいる。

 

 加速した飲酒が止まるのは、二つ。酒を断つ。死ぬ。

 

f:id:anomiyakun:20170819220206j:plain

 病気で飲めなくなる、が抜けているだろう・・・と思われたかもしれないが、アル中は、病気でも飲むのだ。

 

 私が断酒を開始した頃から読んでいるブログで、以前もここに書いたことがあるけれど、重度のアル中の旦那さんを介護しながら、ずっとブログ更新を続けている女性がいらっしゃる。この方のブログからは、私は多くのことを学んだ。

 

 アル中本人ではなくて、回復しようとしまいと、それを見守らざるを得ない家族の立場は、そうなってみなければ何も分かりはしないのだ。

 

 晩酌程度だった飲酒が、いつの間にか生活の主役になってしまうのが、飲酒の加速である。これは、気を付けようがないのだ。一日単位での変化は少なく、ある程度の期間を経て、ふと気付けば立派なアル中の仲間入りだ。

 

 私の飲酒も、問題に気付くまで31年掛かっている。この期間の長さは、異様かもしれない。途中で自分の飲酒の問題に何故気付かなかったのだろうか。この辺り、今思い返しても、分からない。

 

 当ブログを読んで下さっている方々も、きっと、気付くのが遅すぎたと感じていることだろう。何でこんなに早く気付いたんだ!ラッキー!と思われた方も中にはいらっしゃるだろう。その方は、本当にラッキーである。

 

 飲酒に勢いが付いて加速し、その内に暴走してしまえば、それを止めるのには膨大なエネルギーを必要とする。気付くのが早ければ早いほど、飲酒の暴走を止めることが容易になることは、論を待たない。

 

 飲酒がどんなに速度を増しても、本人の気付きがあれば、止めることは可能だ。断酒のたったひとつの条件は、本人が気付いて、心底やめたいと願うことだから。これさえあれば、何度か失敗しても、必ず酒を断つことが出来る。

 

 逆に、周囲の人間がやきもきするだけで、本人に何の自覚も無いならば、飲酒は加速するだけである。その内に、きっと、アルコールを入れる身体に異常を来たすが、それでも加速を続ける飲酒は、止まらない。

 

 本人の気付きがないならば、先に書いた、加速した飲酒が止まる条件の内の、後者である、《死》のみが、暴走した飲酒を止めることが出来る。もはやそこに飲んでいた本人は存在しなくなる。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》