酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

後悔する飲み物(断酒4年178日目)

f:id:anomiyakun:20170909052859j:plain

 かつて、深酒の翌日、数えきれないほどの後悔をした。

 

 前夜に飲み過ぎて大失態をやらかしたり、大事なものを紛失したり、その上に、翌日は酷い二日酔いに悩まされ、一日が台無しになってしまった。

 

 そんな絶不調の一日中、ズキズキする頭を抱えて、前日に飲み過ぎた酒を後悔すること頻りだった。 

 

 普通なら、飲んだこと、食べたことを一度でも後悔したことがある飲食物は、二度目は飲食しない。飲食したら下痢をしたとか、腹痛を発症したとか、激しい胸やけに襲われたとか、そんな経験を一度でもすれば、あんなもの、二度と飲まない!食べない!と心に誓う。

 

 この、《一度嫌な思いをしたら二度と口にしない飲食物》、には例外がある。

 

 酒だ。

 

 酒は、何度激しい後悔をしても、また飲む。後悔先に立たず。酒に於いては、後悔は何の役にも立たない。

 

 このことは、とても不思議ではないか?思い返せば、自分のことながら、不思議である。一番最初に激しく後悔した飲酒の時に、何故二度と飲まないぞ!と思わなかったのだろうか?

 

 この点、恐らく、当ブログを読んで下さっている方々も同じだろう。 

 

 《後悔》をキーワードにして自分の書いた過去記事を検索すると、かなりの数がヒットした。飲酒の、数え切れぬほどの後悔が、私の心の中にいくつも埋まっている。それらを掘り起こして、これまでいくつもの記事を書いてきた。

 

 《後悔》と言う点では、私がもし再飲酒したら、後悔だけでなく、激しい自己嫌悪に陥ることが100%分かっている。予め分かっていることを、敢えてするわけがないが、シミュレーションしてみることはある。頭の中で、飲酒してみる。酔ってどうなるか、醒めてどう思うか、自問自答してみる。答えはすぐに出る。

 

 断酒してからの日が浅い方は、まだまだ忌まわしい飲酒欲求に襲われる頻度が高いだろう。そうした時に、再飲酒のシミュレーションをしてみることをお勧めする。頭の中でイメージしたことを、文章化してみると、もっと良い。更にそれを誰かに渡して読んでもらうと、ベストだ。

 

 4年前の、まだ断酒して2か月ちょっとの頃に、私は再飲酒のシミュレーションをして、ブログ上で文章化していた。これは、とても役に立った。興味ある方は、リンク先の記事をどうぞ。

 

 2013/5/24
 『再飲酒のシミュレーション(断酒71日目)

 

 このように、酒は、私にとっては《後悔する飲み物》であることは、確定している。

 

 酒は、飲んでいる最中は、次から次へと幻想を見せてくれる頼もしい麻薬だが、翌日、醒めて正気に返ると、なぜ飲んでしまったのだろう、と激しく後悔する飲み物になり下がるのだ。

 

 だったら、最初から飲まないに越したことはない。こんな考え方も、断酒の糧になるだろう。

 

 二日酔いくらいなら、まだ良い。断酒すれば、もう二日酔いに悩まされることはないから。

 

 毎日の過剰な飲酒が原因で、食道がん、肝臓がんなどの、アルコールが原因と分かっている癌を発症したら、これまで飲んで来た酒に対する後悔をどんなにして、その時点から断酒したところで、もう癌をなかったことには出来ないのだ。

 

 たまたま今、アル中(アルコール依存症)以外の病が無い方は、とてもラッキーである。断酒さえすれば、健康体に戻ることが出来るからである。

 

 後悔する飲み物を、敢えて飲み続けることもない。断酒しよう!

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》