酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

一日だけやめてみよう(断酒4年282日目)

f:id:anomiyakun:20171221211525j:plain

 酒やめたい!

 けれど、きっかけがない!

 

 メルマガ登録時のひと言に、このようなメッセージを入れて下さる方が、結構いらっしゃる。

 

 飲み続けて当たり前との認識しかない人が多い中で、酒をやめたい、と思っていること自体が、貴重である。

 

 何故ならば、人が行動するには、願望が必要だから。

 

 マラソンのゴールを考えてみると、走ろうと思い、実際に走った人にだけ、栄光のゴールが待っている。

 

 断酒も、酒をやめようと思い、実際に断った人にだけ、断酒の効果が分かる。

 断酒の効果には、心理的効果と肉体的効果と、両面があり、断酒を実践することにより実感出来る。

 

 それなので、今現在、同じように酒を飲み続けていたとしても、酒をやめたいな、と思った時点で、他の酒飲みからは、既に、一歩抜きん出ているのだ。

 

 そこで、私のみすけからの提案だが、あまり構えず、明日一日だけ、やめてみたらどうだろう。

 

 たった一日である。

 

 実は、これ、前回のメルマガに書いたので、メルマガ読者の方は、ご存知だろう。

 

 これからずっと、一生酒を断ちなさい、と言っているのではなく、明日一日だけでいいので、朝から晩まで一滴も酒を飲まずに過ごして、翌日の爽やかな朝を経験してほしいのだ。

 

 ああ!酒を飲まないと、朝がこんなにも爽やかなのか!

 

 一度これを味わって、例えばその日にまた深酒をしてしまったとすると、その翌朝は、どんよりと重いはずだ。

 

 また、翌日、飲まない日にしてみるとか、飲む日と飲まない日とを、繰り返したっていい。 

 

 その内に、飲まない日を2日に延ばしてみる、3日に延ばしてみる。

 

 こんなやり方だって、良い。毎日酒を飲んでいた頃から比べたら、雲泥の差である。

 

 酒を断つのは、どんなやり方でも、いいのだ。決まりはない。

 

 断酒と言うと、大いなる決断をした後、全く酒を飲まなくなることだと決めてかかっている人が多い。かく言う私のみすけもそうだった。

 

 もちろん、それも有り。

 

 だが、とにかく一日酒を断つことが大切だ。たった一日だけれど、先ずはやってみる。

 もし出来たら、もう一日、やってみる。

 

 実は、私のみすけの今日までの断酒も、それの繰り返しに過ぎない。

 最初の一日があったからこそ、次の一日に続き、一日一日を繰り返して、今日まで来た。

 

 酒をやめたいけど、きっかけが無いと言う方、今日のこの文章を読んで、明日一日だけやめてみたら如何だろうか。

 

 たった一日だが、されど、酒を飲まない一日の重みは、実行してみると良く分かるはずだ。

 

 一日だけ、酒をやめてみる。

 

 これは、飲んだくれ時代の私には無かった発想である。

 

 酒をやめたい!と思っている人に、是非試してもらいたい。

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》