酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

気にしない 知らずに食べた アルコール(断酒5年133日目)

f:id:anomiyakun:20110723073535j:plain

(2011/7/23・義父撮影・夏の八幡平より)

 

 脳壊人間べ○さんのコメントに、動揺と、表現の難しい心理状態を感じた。

 

 能動的に摂取したわけでなければ、気にする必要はないし、そのことに拘ると、それが再飲酒のきっかけになってしまう。

 

 心理的には・・・

(せっかくこれまで一滴も飲まずに来たのに、受動的であったとは言え、身体にアルコールが入ってしまった!

もう、私の断酒は終わってしまった...

こうなったらもう、少しでも多くても同じことだ。飲んでしまえ!)

と、こんな感じの展開になるようだ。

 

 酒ではない食品に、何らかの形で洋酒や酒精(エタノール)が使われていて、知らないで食べたり飲んだりしてしまい、直後に気付いたとき、どうすれば良いのか。

 

 かく言う私もこれまで、わさび漬け、アイスクリーム、洋菓子、その他で、何度もアルコールが身体に入って、後から気付いて不快になったものだ。

 

  なんで、これに洋酒が入ってるんだ!

  なんだか口に残ると思ったら、酒が使ってある!

  子供だって食べるアイスに、アルコールが入ってた!

 

 私の場合、いつも食べた後に、微かに口の中から鼻腔に、アルコール臭がして、念のため包装紙やパッケージの外側の成分表を見て、ガーーーン。。。_| ̄|○のパターン。

 

 でもね、こんなのは、事故と捉え、気にしないことが、肝要だ。

 

 何故なら、積極的に、能動的に、確信犯として、わざと(←しつこい!(笑))アルコールを含むものを選んで食べたわけではないのだから。 

 

 かつて、うっかりアルコール含有のものを食べてしまったことを正直にブログに書いたら、多くの人から、そんなの気にすることない!との温かいお言葉を頂いたが、中には、これで断酒も終わったネ!と揶揄して来る人もいた。

 

 私ばかりではなく、もう閉じてしまったが、集まる断酒仲間のコメント中心のブログを運営していた時、ある仲間が正直に、うっかりアルコール含有のものを食べてしまったと告白したら、やっぱり揶揄する人がいた。

 

 大丈夫だよ!と励ましては欲しいけれど、そんなことで揶揄されるなら、悲しくなってしまう。

 

 断酒とは、酒を飲まないことであって、何の気なしに食べてしまったものに、微量のアルコールが入っていたからと言って、それで中断してしまうなら、そんなものは断酒ではなかったのだ。

 

 たまたま食べたものにアルコールが入っていたことに、後から気付いたら・・・

 

 気にしない・・・

 気にしない・・・

 気にしない・・・

 気にしない!!!

 

 私は、気にしないことにしている。

 但し、次は気を付けようと、普段あまり食べないもの、頂きものなどには、特に注意している。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》