酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

ユーモアと笑いを断酒にも(断酒5年189日目)

f:id:anomiyakun:20180919185211j:plain

 私が最近感ずるのは、人は笑う時が一番精神の状態が良いのだから、断酒には笑いが必要だと言うことだ。

 

 笑うには、ユーモアある会話が一番だ。

 

 眉間に皺を寄せて、息を止めて、絶対に飲まないと頑張る断酒は、つまらないし、続かない。

 

 寧ろ、ユーモアと笑いがあったほうが、リラックスしてゆったりと断酒が続く。

 

 まだ断酒が1年に満たない頃に書いた記事がある。

 

nomisuke.hatenadiary.jp

 『よく生き よく笑い よき死と出会う(アルフォンス・デーケン)』 と言う本を読んでの感想など書いて、最後のほうに、今読み返しても、とても為になることが書いてあるので、再録する。

 -----------------------------------------

 「笑いながらは怒れない」再飲酒の種、Anger(怒り)これは、私にとって一番危ないきっかけなのだが、確かに、笑いながら怒ることなんて出来ない。デーケンさんは、日常生活でユーモアと笑いを自分の心の安全弁として、また、周囲の人に優しさと愛を示すために用いなさいと、勧めておられる。

 -----------------------------------------

 

 「笑いながらは怒れない」って、本当に大事なことだ。ユーモアと笑いを、自分の心の為に、そして周囲の人への優しさと愛の為に用いる!

 

 ----------------------------------------- 

 「共に喜ぶのは二倍の喜び、共に苦しむのは半分の苦しみ」ドイツの諺だそうだ。どんな状況下でも、同じ体験者同士で話し合うことが出来れば、少しは楽になるでしょう、と書かれている。私は、ブログのコメント欄でのやりとりで、癒され、力と勇気をもらった。

 -----------------------------------------

 

 共に喜べば、喜びは二倍になり、共に苦しめば、その苦しみは半分になる。これも、本当に素晴らしい言葉であり、正にその通りだと実感する。

 

 オフ会でも、ネットミーティングでも、仲間内での会話は、いつも明るい笑顔と笑い声が飛び交う。決して悲しそうな顔の人も、しかめっ面をしている人もいない。皆、楽しそうである。

 

 話しの中に、自然とユーモアが混じり、それに釣られて笑いが起こるのだ。

 

 心地よい断酒には、ユーモアと笑いがあった方が良い。それには、断酒の仲間が必要だ。

 

 やめた酒を俎上に載せて、ゲラゲラ笑うと、腹の底から頭の中までスカッとすること請け合いである。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》