酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

二日酔い 回避の奥義 断酒なり(断酒5年289日目)

f:id:anomiyakun:20181228211829j:plain

 年末年始は、酒を飲む機会が多い。

 

 例によってこの時期、如何に酒をスマートに飲むかを指南する記事が目に付く。 昼間tweetもしたのだけれど、Yahooの記事に出ていた、二日酔いに関する記事を見つけて、思わず噴き出した。

 

 もの凄く真面目に、二日酔いの原因と、それの科学的回避法について論じている。 飲んだくれ時代の私なら、食い入るように読んだはずだ。

 

wired.jp

 飲酒を前提にするならば、この記事に書いてあることがいちいち腑に落ちることだろう。

 

 酒を飲むことが当然で、では、如何にすれば、二日酔いなどしないように、上手に飲むことが出来るか。

 

 そうかそうか、こんな飲み方をするから、ダメなのか、こう飲めば、二日酔いにならないんだな・・・頭では理解できる。だが、所詮は畳の上の水練であり、机上の空論なのだ。

 

 どんなに素晴らしい酒の飲み方を学んでも、飲んだくれは、飲み出したら止まらない。だらしなく飲み続けて、翌日は酷い二日酔いに悩まされる。

 

 二日酔いしない人は、しない飲み方を出来る人だし、二日酔いしてしまう人は、する飲み方しか出来ない人なのだ。

 

 そもそも、飲酒を前提に物事を考えるから、出来もしない、二日酔いを避ける上手な飲み方などを模索してしまう。

 

 飲酒を前提にして、二日酔い対策を考えることは、丸で、病原菌をわざわざ飲んで、病気を発症することを前提にして、その対処法を考えるようなものである。病原菌を、寄生虫に置き換えても、同じだ。

 

のみすけヨイドレの会話で二日酔い回避の奥義を表現してみよう。

 

 「二日酔いにならない、とっておきの奥義を教えてあげるよ!」

 「え!ほんとに?どんなこと?」

 「あのね。。。それはね。。。酒を飲まなければいいのさ!」

 「そんなの当たり前じゃぁぁぁん!?」

 

 そう、その当たり前のことが、飲酒を前提に考えていたら、出来ないわけだ。

 

 当たり前に、飲み会の最初から酒を飲まずに、涼しい顔でジュースでも飲んでいればいいのだ。

 

 周囲の飲酒に自分を合わせる必要などない。

 

 と、私は書くけれど、そんな無責任なことを勧められても、自分の置かれている環境では、酒を飲まないわけにはいかない、と言う方もいらっしゃることだろう。

 

 まことにもどかしいのだが、あなたが飲み会で、どう振舞えば酒から距離を置くことが出来るか、私には的確なアドバイスを送ることが出来ない。

 

 ひとつ言えることは、自分を酒から守ることが出来るのは、自分だけだと言うこと。

 

 頭をひねって、絞って、叩いて、自分が酒を飲まずに済ませられる方法を、どうか編み出してほしい。酒さえ飲まなければ、二日酔いになることは絶対にないわけだから。

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》