酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒席がイヤ!(断酒6年50日目)

f:id:anomiyakun:20190503204444j:plain

渡月橋(かみさん撮影)

 昨日の記事への、のら猫たんさんからのコメント。

 

 『断酒始めは、酒を飲まない為に飲み会等の参加はことごとく断り続けていましたが、今に至ってはあの雰囲気も不快に感じていますよ!』(一部抜粋)

 

 飽くまでも私の考えに過ぎないが・・・これが、断酒が本物になった証(あかし)である。

 

 私も、断酒を始めた頃は、

表向きは、酒を飲まないために、酒から離れているために、

内心は、酒席に出ている人が羨ましくて、指をくわえながら、

誘われても飲み会は全部断わり、出なかった。

 

 最初の一年間は、せっかく誘ってくれる酒席を断ることが、辛かった。後ろ髪引かれる思いだった。その頃は、酒への未練たっぷりだったから・・・

 

 だが、そんな思いがずっと続くと思っていたのが懐かしいほどに、今では、酒席そのものがイヤ!あの雰囲気が大嫌いになってしまった。

 

 毎日断酒のブログを書いて、酒を断った自分を鼓舞し、酒の有害性、酒の正体を調べるうちに、それが自分の血肉となり、それまで抱いていた酒への思いが間違いだったことを理解するに至ったからである。

 

 結局のところ、飲み会なるものは、エタノール(アルコール)を飲んでラリる会であることが分かってしまうと、そんなものに出ること自体がバカバカしいのだ。

 

 飲み会に出席している人は、もちろん、酒を飲むのが当たり前と言う考えであるから、酒を飲まない人に奇異な視線を向ける人が多い。飲まない人に理解を示す人は少数派である。

 

 私が酒席が嫌いになったのは、自分が酒を飲まない理由を一々説明するのが面倒臭いのが、ひとつ。

 

 ふたつ目には、酒を飲んで酔っ払っていく人たちを見るのが、イヤなのである。理性を失い、自分で何を言っているのかさえ分からずに、意味不明なことを大声で叫び、盛り上がっている。素面の私から見ると、実にバカバカしい。

 

 つまり、酒席は、酒を飲まない人、特に断酒erにとっては、単に時間の無駄なのである。

 

 あれほど好きだった酒の席が、今では大嫌い。不思議なことがあるものだと、自分でも思うし、家族もそう言う。

 

 飲み会で一番私が好きだったのは《飲み放題》であった。

 あれも、これも、好きなだけ飲んで良いなんて!

 いつも、調子に乗って最初から全開に飛ばしてグビグビゴクゴク飲んでは、一番最初に撃沈していた・・・本当にバカな飲み方をしていたものだ。

 

 もう、今の私は、酒臭いのがイヤ、酒を飲む人を見るのがイヤ、酔っ払いの相手をするがイヤ、つまり、酒席がイヤ!

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》