酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

枯れた夫婦(断酒1年241日目)

f:id:anomiyakun:20141110195731j:plain

 昨日の秩父・・・空は曇天。たまに小雨。手には傘。肌寒い。

 

 ここのところ食べない昼食だが、行楽の時は、かみさんに付き合って、お握りをひとつふたつ食べる。ただ、この天候では、シートを広げようにも、いつ雨粒が落ちて来るかも知れないので、おちおちランチタイムを取れなかった。

 

 さて、どうしたものかと思案しながら歩き、ちょうど昼頃に訪れたお寺でトイレを借りたら、その近くの本堂の庇の下の縁側に、「どうぞご自由にお座り下さい」と書かれた看板があり、何組もの人が休憩していた。

 

 私たちも、荷物をそこに置き、腰かけて、のんびりと昼食の準備を始めた。紙コップにインスタントのコーヒーを入れて、保温水筒から熱湯を注ぐ。気温が低かったので、これが、最高に美味い。それから、お握りを頬張る。

 

f:id:anomiyakun:20141110195820j:plain

 

 十分後くらいだろうか。私たちの隣に、七十代くらいの老夫婦が来て、腰かけた。お二方とも歩き慣れている様子。装備を見れば分かる。私たちと同じように、保温水筒を取り出して、持参した二つのマグカップにお茶を注ぎ、二人仲良く飲み、お握りを頬張る姿が微笑ましい。

 

 この老夫婦は、物静かである。食事をしつつ、手作りのマップを取り出して、ご主人は、今来た道と、次に向かう道を確認している。奥さんは、お握りをご主人にさりげなく渡したり、お茶を注いだり。お二方とも言葉少なだが、ご主人も奥さんも、お互いへの気遣い、優しさを感じた。

 

 あー、良い夫婦だなぁ。ここまで長く一緒に生活していると、お互いにあまり言葉を発しなくても分かり合えるんだなぁ、と、感心した次第。

 

 良い意味で、枯れた夫婦だった。

 

 夫か妻どちらかが飲んだくれだったら、こんな日に、こんな所を、仲良く歩くわけがないよなー。もし、ご主人がお酒を飲むとしても、とっても品の良い晩酌なんだろうなあ、などと想像してみた。

 

 私も、このまま段々と枯れて生きたい。もちろん、衰弱するという意味ではなくて、必要のないものは求めず、今こうして健康に生きていることに感謝し、少欲知足で老いて行こうと言う事である。

 

 やっぱり、人生に、酒は要らないなあ。やめて良かったなあ。今後とも、酒と関わることは無いなあ。酒に関われば、不幸になることは確かだしなあ。

 

f:id:anomiyakun:20141110195831j:plain

f:id:anomiyakun:20141110195842j:plain

f:id:anomiyakun:20141110195853j:plain

 最初の2枚は、調べたら、ガウラという花だった。和名がとっても上品で、白蝶草というらしい。これはピンクだが、白いのもあるようだ。

 後の3枚は、雨露を載せて、人知れず、ひっそりと道端に咲いていた朝顔。気付いたのは、私だけだったかもしれない...

 

 こういう草花が、とても愛おしい。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》