酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

酒のやめ方いろいろ(断酒2年26日目)

 検索サイトから読まれている記事では、以下の二つが、どういうわけかダントツに多い。

 

 ☆一昨年(2013年)7月19日に書いた

アルコール性認知症の恐怖(断酒127日目)

 ☆昨年(2014年)7月30日に書いた

私の酒のやめ方(断酒1年138日目)

 

 酒を飲みつつもやめたいと言う方が、検索されているのだろうか。毎晩飲みつつも、アルコール性認知症がコワイから、酒をどうしたらやめられるか、検索されているのだろうか。

 

 それにしても、どうやって、酒をやめるか。どうしたら、断てるのか。

 

 ここで、またまた野の百合さんのブログを引用させて頂く。

 

 野の百合さんのブログ(断酒して生き方を変える)《なぜ私は断酒できているか

 この中で、野の百合さんは、

 ------------------↓↓↓----------------

 いろんな方のブログを拝見して、おおよそ二つのグループに分けられると思いました。
 一つ目は、酒を徹底的に嫌うという方法です。
 二つ目は、病院にかかり、自助グループに通い、抗酒剤を飲むなどするという方法です。
 それぞれ、ご自分にあった方法で、断酒継続をされています。
 しかし、私はどちらにも属しません。
 だから、独自の方法で、断酒しています。
 好きでも嫌いでもなく、「関係がない」です。

 ------------------↓↓↓----------------

と、分類されていて、自分は、こういうやり方だとおっしゃる。

 

 酒のやめ方のヒントは、これだ!

 

 何が、これ!なのかと言うと、つまり、酒のやめ方は、人それぞれであり、自分で自分に合ったやり方を編み出すのが一番良いのだ。誰かのマネをしても、続かないかもしれない。どんな考え方でも、どんなやり方でも、結果的に酒を断つことが出来ていれば、全て良し!全て正解なのだから、是非、自分オリジナルの断酒方法を模索してみてほしい。

 

 ただ、極端な話、酒を断つために、麻薬を始めたとか、酒の代わりに覚醒剤をやってるとか、そんな話は論外である。(そんな人はいないだろうけれど(笑))

 

 私の場合は、酒を徹底的に嫌うやり方だった。大から小まで古今東西ありとあらゆる酒の害悪を調べ上げ、自分を害したアルコールについて、日々ブログに書き連ねることにより、本当に嫌いになった。

 

 他にも、色々と断酒のやり方はあるんだろう、きっと。酒とサヨナラする人の数だけあるのかもしれない。私が考えているのとは大いに違って、酒を大好きで愛したまま断つ方法だって、あるのかも知れない。
 

 ふと何気なく思ったのは、断酒も教習所があればいいのになあっ、て。

 

 例えば、自動車の免許を取るときに、多くの人は自動車教習所へ通う。座学では交通法規やら車の構造などを学び、実地では、自分が運転席に座り、車を動かす装置に触れながら、実際に運転してみる。助手席の教官が適切なアドバイスをしてくれる。

 

 実地教習には段階が有って、所内である程度運転を学んだら、仮免許を取得して、路上教習に出る。本物の道路を実際に走って練習する実地訓練だ。

 

 断酒にも、こんな感じで、断酒教習所があって、座学と実地で試験に合格すれば、晴れて断酒免許交付なんて制度があれば嬉しいけれど、ネ(笑)

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》