酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

強い意志で断酒できるか・その2(断酒4年20日目)

f:id:anomiyakun:20170404042049j:plain

(桜に負けじと雪柳)

 

 昨日も書いたけれど、別の観点から、断酒と意志の強弱が関係ないことについて書きたい。

 

 最初に断わっておくと、私の断酒は飽くまでも私だけのやり方、つまり我流であって、これが万人向けとは思わない。が、それでも、参考にはなると思う。あれだけ飲んだくれだった自分が、こうして酒なしの生活を楽しむことが出来ているのだから。

 

 酒を断たねば!と気付き、実際に断つところまでは良い。但し、それを継続しつつも、飲んでいた頃と同じ思いを酒に持ち続けたら、一生片思いの恋のようなものではないか。心理的によろしくない。このことを分かってほしい。

 

 好きなものを好きなままで断とうとするから、

「意志が強くないと断酒が継続しない」

との思いが頭を占めるのではないだろうか。

 

 (願望)飲みたい飲みたい飲みたい!

 (戒め)飲んではダメ!飲んではダメ!飲んではダメ!

 

 願望vs戒め・・・心の中で、この闘いは、かなりキツイ。いつも戒めが勝つとは限らないし。

 

 ところで、以前書いたのは、病気なのだから、意志の力で酒をやめ続けるのは困難であるとの論調だった。(下記の記事参照)

 

 2016/4/20
 『強い意志で断酒できるか(断酒3年37日目)

 

 意志とは、どうしてもこれをやり遂げよう、或いは、その反対に、絶対にこれはやらないぞ!と言うような、心構えである。

 

 酒を断つ!絶対に飲まないぞ!との、強い意志で断酒に臨むとする。それは、我慢の断酒であって、身体に良くない。丸で、苦行僧のようだ。

 

 《強い意志》を、もっと砕けた表現にすると、

「頑張る」

だろうか。

 

 頑張るとは・・・忍耐して、努力しとおす。気張る。ゆずらず強く主張し通す。困難にめげないで我慢してやり抜く。自分の考え・意志をどこまでも通そうとする。我を張る。ある場所を占めて動かないでいる。

 

 良く、気軽に「頑張ります!」とか「頑張って!」などと言うけれど、この言葉「頑張る」は、私は好きではない。頑張るのは、何だか身体に悪そうだからである。

 

 頑張るより楽しんだほうが良い。

 

 頑張らない断酒のコツについて、今朝方tweetしたのが、これ。

 

 

 酒を見て、飲用の酒と思っている内は、断酒継続は辛いと、私は考える。酒を見て、自分にとっては毒であると認識すること。これが重要だ。他の人には百薬の長かもしれないが、自分にとっては、百毒の長である。

 

 酒が普遍的に、薬であるとか毒であるとか、良いとか悪いとか、そんな事を言っているのではない。他人ではなく、自分にとっての酒が良いのか悪いのか、飲料なのか毒なのか、である。

 

 再チャレンジャーさんが、コメント及びご自身のブログで、「意思」より「心」と書かれているが、全く同感である。自分の心が変われば、断酒も楽しくなるだろう。

f:id:anomiyakun:20170404042116j:plain

(ついに、桜が!)

 

 ----*----*----*----*----*----*----*----*----*

 久しぶりの読者通信!

 

 先日記事の中に挿入した、義父の撮影した《ざぜん草》の写真をご覧になって、岩手のティモ太郎さんが、写真を送って来て下さいました!

 

 私の怠慢で、掲載が遅くなってしまいました。申し訳ありません。

 

 なんと、飲めない仙人(かみさん)と同郷の、岩手在住の方です!尚且つ、ティモ太郎さんの奥さまも、飲めない仙人だそうで、東北オフ会の話が出ました。

 

readers.hatenablog.com

 

readers.hatenablog.com



 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》