酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

あなたが酒をやめると喜ぶ人(断酒5年250日目)

 相変わらず、世の中、飲んだくれ天国の様相を呈している。

 

 酒が原因のトラブル、事件、事故が毎日起きている。一体一日の内に何人が酒に傷つけられ、酒で人を傷つけているのか。

 

 酒を飲む人が減っているのか、増えているのか、増減なしなのか、良く分からない。

 

 色んな調査機関が出す統計を見ると、減っているようではあるが、しかし、自分の周囲を見渡すと、相変わらずの飲んべー天国である。

 

f:id:anomiyakun:20181119090331j:plain

 私の知人友人で、断酒した人はひとりもいない。

 (ひとりだけ、私より8つほど年上の知人が、今は酒を飲んでいないけれど、元々その人は、そんなに酒を飲む人でもなかったので、断酒とは言えるのかどうか、分からない。)

 

 そんな中で、酒をやめたいと思いつつやめられない人や、酒を断ったはいいが、苦しい人から、早朝や深夜にメールをもらうことがある。

 

 辛さや苦しみは人それぞれだが、本人が一番悩み苦しんでいることは同じある。

 

 文面から、ひしひしとその思いが伝わって来る。

 

 断酒は飲酒者本人が自分の意志で行うものなので、私にはどうすることも出来ない。が、励ます事だけは出来る。

 

 それと、とても大切なことなのだが、飲んだくれが酒を断ったとき、喜ぶのは誰かをよくよく考えて見ることだ。

 

 例えば、こんな記事を昨年書いた。

 

nomisuke.hatenadiary.jp

 これを読んで下さっているあなたが、今、酒を断って間もないと仮定して、書き進めてみる。

 

 あなたは、これまで好き勝手に飲んでいた酒を断って、今、苦しい。酒を飲んでいた頃は、自分の周囲人の迷惑を考えたことなど、もちろんないに違いない。

 

 自分が酒を飲んで酔っ払っていた時、そのことが原因で苦しんでいた人がいたことを、いつも思い起こす必要がある。

 

 自分の酒が原因で苦しんでいた人の苦しみは、その原因となる自分の飲酒が取り除かれることによって、喜びへと変わるのだ。

 

 あなたが酒を断ったことを、心の底から喜んでくれる人がいることを、いつも心に留めておこう。繰り返しになるけれど、あなたが苦しんでいる時、あなたが酒をやめたことを喜んでいる人がいることを、考えてみてほしい。

 

 つまり、あなたの断酒の苦しみは、それまであなたの飲酒に苦しめられたり、迷惑を被ったりして来た人にとっては、この上もない朗報なのだ。

 

 あなたの断酒の苦しみには、他の人を喜ばしめる、千金の価値がある。このことが理解出来れば、断酒にますます励む気になるはず。

 

 私の場合、喜んだのは、家族。妻子であった。それまで毎晩、大酒を飲んで、迷惑を掛け放題だった父親が、酒を断って、苦しむ姿を見て、どう感じたのだろうか。

 

 妻も子も、率直な感想として、絶対に私の断酒が続くわけはないと思っていたそうだ。酒を飲まないでいるなら、そのことを応援しようとしてくれていたとのこと。

 

 父親が酒を飲まない日常が、少しでも長く続きますように!

 

 こんな風に、あなたの断酒を真剣に喜び、励ましてくれる家族や同居人がいたら、感謝し、断酒に励もう!

 

 

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》