酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

御しがたく御しやすい病=アルコール依存症(断酒7年245日目)

f:id:anomiyakun:20201114165354j:plain

空に向かって元気よく咲いてた(なんていう花かなあ)

 今日も抜けるような青空の一日だった。

 秋晴れなのか、初冬の小春日和なのか、東京は過ごしやすい日だった。

 

 家族はそれぞれの用事で外出したが、私は珍しくずっと家にいた。

 午前中は、猫と日向ぼっこ。午後は昼寝。ん~・・・たまにはいいかな~

 

 さて、小判鮫さんのコメントから、色々と考えることがあった。

 当ブログに何度か書いているが、私も過去(30代前半)に顎に癌が発症し、外科手術で摘出している。

 

 その当時、癌は5年間様子を見て、再発や転移が無ければほぼ大丈夫と言われていた。なので、手術後5年間は、顎になにか起きないか、身体のどこかに異変が生じないか、ビクビクしていた。

 

 酒は別で、手術後こそ控えていたが、すぐに元の酒量に戻ってしまったが。

 

 癌は今や二人に一人が罹患すると言われており、医学の進歩はあるものの、基本的には、投薬、手術、放射線の三つの治療が標準であり、予後が良くない人も多い。

 

 もし、病んでいる病が、アルコール依存症だけであるならば、それは寧ろラッキーだと思った方が良い。

 次の過去記事でも書いていることだが、今日も、繰り返したい。

 

nomisuke.hatenadiary.jp

 

nomisuke.hatenadiary.jp

 タイトルにも書いたけれど、アルコール依存症は、その病の性質からしても、御しがたいものである。

 

 だが、じゃじゃ馬慣らしではないけれど、一度うまいこと乗りこなすならば、これほど御しやすい病も、他にはないのではないか。

 

 いつも書くことだが、この病(アルコール依存症)は、原因と治療法がごく単純・シンプルであって、

《原因=酒(アルコール)、治療法=断酒》

たったこれだけなのである。

 

 アルコール依存症を御しがたいのは、酒の本質について理解するのに時間がかかるからだ。

 アルコール依存症を御しやすいのは、一度酒の本質を自分のものにしてしまえば、酒がどんどん自分から離れて行くからである。

 

 アルコール依存症の御しがたさと御しやすさは、表裏一体なのである。

 

 私は、過去の自分の癌について考える時、未だに恐怖を覚える。

 

 原因が不明であった。ある日、顎に違和感が生じ、ぽっこり腫れて来て、その内に膿が漏出して来た。痛みは無かった。

 

 形成外科で手術し、腫瘍を摘出したが、あまりに奥深くまで腫瘍が伸長し、綺麗には取り切れなかったと、医者に言われた。

 

 当時の知識でも、癌細胞が身体のどこかへ飛んで転移したり、取り切れなかった部分から腫瘍が再発するのではないかと、とても不安になった。

 

 何度も繰り返すが、アルコール依存症は、

《原因=酒(アルコール)、治療法=断酒》

たったこれだけである。

 

 断酒さえ守れば、アルコール依存症から回復して快適な生活を送ることが出来る。

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》