酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

飲む苦しみと断つ苦しみと(断酒7年252日目)

 数週間前に、今日の予定を立てていた。

 久しぶりに海を見たいので、葉山へ行こうと。

 

 だが、かみさんと相談した結果、急遽取りやめて『我慢の3連休』にした。

 

 その初日、朝はゆっくり起きて、コーヒーを豆から挽いて淹れたりして楽しみつつ、のんびりと午前中を過ごした。

 

 今日は珍しく、家族全員(プラスいつも在宅の猫2匹(笑))が在宅していた。

 

 外は、良い天気で、昨日ほどではないけれど、気温も上昇して、11月とは思えない暖かすぎる日だった。

 

 さて、当ブログの7年前の夏ごろの記事に、50代女性とのハンドル名の方からのコメントが入っていた。酒をやめたいのだがやめられない、と言った内容のコメントだった。

 

 恐らく、飲酒問題に悩み、何らかの検索キーワードでググった結果、私が書いた7年前の記事がヒットしたのだろう。

 

 その方は、通りすがっただけで、もう一度このブログへ訪問してくれるかどうか分からないが、ひとつだけお伝えしたいことがあるので、書いておく。

 

 自分が酒を飲むことを自分で肯定しておらず、酒を断ちたいと願っているのなら、どちらかの苦しみを選ぶしかない、と。

 

f:id:anomiyakun:20201121221118p:plain

 即ち、飲み続ける苦しみと、酒を断つ苦しみと。

 

 この二つの苦しみは、苦しみとしては同じように見えるかもしれないが、実は全くの別物である。

 

 飲み続ける苦しみは、死ぬまで続く。先の見えない、底なし沼のような苦しみだ。

 

 一方、酒を断つ苦しみは、期間限定の苦しみ。ずっと続くわけではない。先の見える、希望のある苦しみだ。

 

 同じ苦しむなら、酒を断つ苦しみを苦しんだ方が良い。

このことは、私も経験したからこそ、自信を持って他の人に言える。

 

 自分の酒に問題を感じ、やめたい、と思っている時点で、他の飲んだくれに比べたら、かなり断酒に近づいているのだ。

 

 後はその思いを更に一歩進めて、断酒の実行へと持って行く。

 

 繰り返すが、飲む苦しみに終わりは無くて、飲み続ける限り、苦しみも続く。飲んで、アルコールが脳に回っている間だけ、束の間の偽りの幸福感に浸るだけだ。

 

 酒を断つ苦しみは苦しいが、医療機関や自助の会などで、その苦しみを軽減したり共有したりすることが出来る。

 

 楽に断酒が出来るわけもなく、かと言って、飲酒を続けるのも苦であれば、断酒の苦しみを選んだ方が良い。

 

 このことを、ちょいと短歌に仕立てて見た。

 

 『酒の苦に 飲む苦断つ苦の 二つ有り 飲む苦終わらず 断つ苦終わりぬ』

 (さけのくに のむくたつくの ふたつあり のむくおわらず たつくおわりぬ)

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》