酒をやめてhappyになろう!

31年間飲んできた酒をついにやめる日が来ました。でも、「断酒」はつらいよ。。。さて、いつまで続くか、続けられるか。はっきり言って、自信なし!《飲酒コントロール不能な「のみすけ」が書いてます。適正飲酒の方、酒を愛飲されている方は、当ブログをスルー(無視)して下さい》[コメント気まぐれ返信中m(_"_)m]

断酒・断酒・断酒!!

不便を楽しむ(断酒7年353日目)

f:id:anomiyakun:20210302234141j:plain

満開の河津桜(一昨日撮影)

 随分と久しぶりの雨だった。しかも予報の通りには中々降って来ずに。

 日中は上昇していた気温だが、夕方には下がり、冷え込んで来た。

 

 さて、早くも3月も2日目が過ぎようとしている。以前にも書いたが、今月、娘が二十歳になる。私が断酒した頃は、まだ小学生だったのになあ・・・と感慨深い。

 

 3月生まれ、と言えば、我が家では、私の両親、妻の両親と弟が3月生まれだ。身内に3月生まれが多くて、面白い。

 

 この娘がテレビを点けた時に、私がたまたま通りかかり、見るともなく見ていると、2社が合併して日本で誕生した巨大IT企業が提供するであろうスーパーアプリについて、報道していた。

 

 スーパーアプリとは、スマホのアプリのことだ。

 

 今、私たちの使っているスマホには、目的毎のアプリが入っている。これをミニアプリと言うが、スーパーアプリとは、各種の目的が、ひとつのそのアプリの中で全て完結してしまうアプリのこと。

 

 「ますます便利になりますねぇ~」と、スーパーアプリについて解説している人が言っていた。

 

 私は、今でも十分に便利なのに、更に便利になると言うことか・・・と、手放しでは喜べない心境だったが、娘も同じだったようで、こう発言した。

 

 「何でもかんでも便利になればいいってものじゃないよね。特に、お父さんの世代は、少しは不便の方がいいんじゃないの?」

 

 確かにそうだ。便利より不便のほうが、脳が活性化する。あれこれをどうやったらいいのか考えるから。

 

 私がもうひとつこのアプリの中で懸念したのは、何もかも自分で調べて選ぶのではなくて、アプリに誘導された生活になることだ。

 

 今の私の心境は、便利より不便を楽しむ、かな。

 

 便利とは、都合が良く、重宝なこと。

 

 酒など、便利なものの筆頭ではないか。手っ取り早く世の憂さを忘れ、別世界の桃源郷へとワープするには、都合がよく、とても重宝である。

 

 昔はこんな便利を、酒に求めていたものだったが、いやいや、酒の提供する便利は、本当に碌でも無いものであった。

 

 不便を楽しむと言えば、断酒を始めた翌年の年末、電気炊飯器をやめた。陶器の釜を買い、それでずっと炊飯をしている。炊くのは専ら私の役目。

 

nomisuke.hatenadiary.jp

 

 米は、土鍋で炊いた方が、ふっくらして甘みと艶があって、断然美味い。

 

 電気炊飯器は、米を研いで入れておけば、炊きあがりを時間指定で何時にでも設定出来るが、土鍋はそうは行かない。

 

 電気炊飯器はスイッチポン!で放っておけば後は炊き上げまでやってくれるが、土鍋は火加減を見てやらねばならぬ。不便である。

 

 初めて土鍋でご飯を炊いたことをブログに書いてから、もう6年と3か月くらいが過ぎたわけだが、今や、お湯を沸かすくらいの感覚で、ご飯を炊いている。

 

 これぞ、不便を逆手に取って、楽しんでいることになるのかな。

 

 酒も、断酒当初は飲めないことが不便極まり無かったが、今では酒なんぞない方が楽しいことを知っている。

 

 今日、娘のことを書いたのは、猫のキラちゃんさんのコメントを読んだので。猫のキラちゃんさん、娘さんのご結婚おめでとうございます!

 

 

*広告

 

↓↓↓※コメント欄は、承認制にしています。すぐには反映されませんが、必ず、読んで承認しますので、お待ち下さい<(.".)>

(まことに勝手ながら、コメント内容によっては、承認の前に、削除することもあります)

Let's Quit Drinking and We will be Happy!

断酒・断酒・断酒!!

《当ブログを読んで下さり、ありがとうございます!》